看護師の転職市場は常に活況で売り手市場と言えます。
2020年に新型コロナの影響で病院の経営状態等の問題もあり、一時心配されましたが2021年以降も採用意欲としては非常に高く、また、国策として医療や福祉人員の充実を目指す必要があることから、転職をするという意味において仕事が無くて困るということは無いでしょう。

ただ、看護師の場合、職場の労働環境、人間関係等を理由に転職されるケースが多いのですが、特に人間関係についてはなかなか情報の取得が難しく、転職後にしまったなあということも少なくないかと思います。

面接や職場見学でわかる部分もありますが、数時間程度ではわからないことの方が多いです。

そこで重要になるのが看護師の転職サイトの存在です。

上記サイトの情報と看護師転職に関する文献を紐解きながら、どのような転職サービスが良いのか等見ていきたいと思います。

看護師の転職サイトの選び方

看護師向けの転職サイトの数は膨大で、それ故どの転職サービスに登録すればいいのか悩んでしまうといったことが度々起こります。
看護師向けの転職サイトは100を超える数が存在しており、年々増加しています。
背景としては、看護師自体が離職率が高く転職を何度も繰り返す職業であることから、転職会社としては非常にお金になる、という背景があるので参入してくる企業が多いということになります。

一方で、看護師の転職理由(離職理由)は厚生労働省等の資料でもある通り、女性特有の妊娠・出産を除けば、「人間関係の悪さ」これです。

もっとも多いライフイベントと人間関係による転職、これらに共通する事項というのは、その病院、あるいはクリニックの内情ということになってくるかと思います。

そこで導きだされる答えとしては、単純明快で、内情に詳しいエージェントやサービスを使いましょうということです。

転職サイトランキング上位だからといって内情に詳しいわけではない

ここで関係してくるのが、転職エージェントやサイトのランキングです。

良く1位は●●エージェント、などとアンケート結果を発表しているサイトがありますが、アンケートやランキングは無視しましょう。
あれらは広告色が強いです。

それよりも、もっと気にすべき指標はたくさんあります。

医療業界に強くしっかり各病院・施設に出入りしているところを利用する

病院の内情を知り、転職者に情報提供するためには以下のポイントをおさえる必要があります。

・求人をもらう際に病院まで足を運び取材をしている
・大量の求職者を獲得しており、その求職者からの情報をデータベース化している(求職者からの愚痴なんかは良い情報になります)
・定期的に情報アップデートを行っている
・転職後に求職者へヒアリングを行っている

等があげられます。

これらを満たす看護師向けの転職サイトを利用するだけなので、数は絞られます。

まず基本的に小規模な転職会社は辞めておいた方が良いです。特にこの医療関係の業界ではなおさらそう言えるでしょう。

大手且つ医療業界に顔が利き、情報が入ってくる転職サイトを利用する必要があります。

なので、単なる大手、例えばリクルートやマイナビといったところ(これらも看護師向けサービスを提供していますが)よりもより適した業界特化の大手というものが存在しています。

看護師向けというところでいくと看護rooや看護でお仕事などが挙げられますが、そうした看護師に特化したサービスで大手どころを2,3社利用すると良いです。

彼らは病院の内情まで含めた情報をリサーチしてくれているので良い情報が手に入るとともに、転職による大きなミスマッチを防ぐことができます。

転職サポート力は属人的な要素が大きいから会社ごとで差があるかどうかはわからない

よく●●は転職サポートに優れている、というような評判や口コミを挙げているサイトがありますが、あれらは大半が適当です。
公式サイト等にそのように書いてあるから書いているだけというケースが多いです。

実際のところ、どこの転職サービスにも良い人と悪い人の両方がいます。
※悪い人しかいない転職サービスもあります。

大手で有名な転職会社でもエース級のコンサルタントの方であれば非常に良い支援をしてくれますが、新卒に毛が生えたような方が担当になると頼りなく本当に大丈夫か?と思えるような方もいるのは事実です。

ただ、これはどこの転職サイトも同じです。

なので、転職サポート力(対応の質)という点で差別化はしない方が良いです。

あくまで情報力だけで差別化するべきです。

具体的には希望する求人がありそうかどうか、求人先の内情まで含めた情報に詳しいかどうか、この2点のみです。
※後は面接でどんなこと聞かれるかまで把握していると尚良いが看護師の場合そこまで重要ではない。

なので、転職サポートが丁寧であるとかいった口コミや評判は気にしない方が良いです。

看護師の転職サイトはたくさんあるが利用すべきサイトは少ない

看護師の転職マーケットの特性上、看護師向けの転職サイトは乱立してしまいます。
ただ、ここで説明した通り、利用すべきサイトというのはそう多くありません。

ポイントを押さえている転職サイトを活用し、転職に失敗しないよう気をつけて頂きたく思います。

情報力が全てです。

カテゴリー: 転職

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です