新型コロナ以降医療現場・医療従事者も一部非常に大変な状況に置かれましたが、それ以上に経済ダメージが深刻であり、医療以外の視点でも人々の暮らしに影響が出ています。

一般的な職種は離職者が就職できない

飲食店が注目されていますが、周囲ではアパレル、お花屋さんなど様々な店舗を構えるお店が経済的に立ち行かなり、店を締めたり、それに伴う解雇等もあり、離職者が増えています。
それだけなら良いのですが、そうした方が働くフィールドである実店舗はどこも需要がない状況なので、次の働く先が見つからず困ってしまい、大変な思いをしています。
ウイルスを恐れるよりもまず目先の生活が立ち行かなくなり様々な問題が起きています。

医療現場も混乱や不当な嫌がらせがあり転職者も増える

経済の問題もありますが、やはり医療現場も大変であり、特に実際に働いている看護師らは不当な嫌がらせのようなものを言われたりするケースもありました。
また、コロナ病棟等で勤務する方々は実は辞めたいと思っている方も非常に多く、それに派生する形で他の病院勤務者らも転職(正確には離職)を検討している、という方は増加しているようでした。

実際に転職サイトへの登録は多くあり(実際に転職するかは別)、その心情や状況はわかるところです。

ただ、病院経営という視点で見てもひっ迫しているところは増えており、これまで通り看護師や医師らの転職が思い通りにいくかどうかはもう少し様子を見てみないとわからないところです。

いずれにせよ、現時点では転職という視点だけでみれば、それなりに需要と供給はある状況です。

なお、具体的に転職者数が増えている、という状況ではなく、あくまで予備軍が増えているということです。

福祉領域の転職はどうか

介護や保育といった領域も非常に重要な役割を担う職種です。
保育士はデータがありませんが、介護に関しては、介護施設のクラスター等の問題もあり、不安を声にあげる勤務スタッフの方も多く、転職、というよりは離職も多いです。そもそも離職が多い業界ではありますが、彼らの不安を取り除き安心して働ける環境を早く作る必要があるでしょう。

医療従事者へのワクチン接種が遅れているとともに、高齢者へも十分行き届かない現状がまだあるので、就職や転職、新規の労働者の確保といった視点では課題は多いでしょう。

状況として、確かに医療現場は大変なのですが、そこだけではなくことを理解し、そして困窮する方々を助けられるような環境を作っていきたいと思います。
また、安心して働ける世の中にしていきたいですね。

カテゴリー: 転職

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です